ブログネタ
情報提供 に参加中!


盗聴・盗撮調査

盗聴・盗撮調査とは・・・?

自宅やマンション、アパート、事務所、店舗の室内等に、盗聴器・盗撮器(盗撮カメラ)等の
監視機器が設置されていないかどうかの調査を行います。
もしも、そのような監視機器が発見された場合には、速やかに撤去いたします。
また、「どのような人物が何の目的で設置したのか?」など、仕掛けた人物の特定調査を行うことも可能です。

こんな経験はありませんか?

いたずら電話や無言電話が多い。
電話中にノイズが多い。
ストーカーに狙われた事がある。
家に侵入された形跡があるが何も盗まれなかった。
以前交際していた人の物がある。
自分しか知らないことを他人が知っていた。


該当する箇所があれば、あなたは、盗聴・盗撮されている可能性があります。
 
盗聴器はさまざまな物の中に組み込まれています。
盗聴器を探索・発見するには様々な電波(周波数)を捕捉・計測することができる受信機が必要です。
アンテナが備わった盗聴器の場合、一般的に100メートル~200メートルの範囲で盗聴が可能といわれておりますが、
携帯電話やPHSを転用した盗聴器は基本的にどこからでも盗聴されます。
このため、仮に機器が揃ったとしてもデジタル式電波を使った盗聴器や、携帯電話を使った盗聴器、
有線式盗聴器などを発見するには専門的な知識と技術が必要とされます。
 
当社では、専門スタッフが、最新鋭の探索機を使っていち早く盗聴器を発見します。
卑劣な盗聴者を特定。あなたを見えない不安から守ります。


盗聴器・盗撮カメラとは、主に無線式と有線式の2タイプがあり、
盗聴器・盗撮カメラともに最も多く利用されているのは無線式です。

最近の盗聴器には、コンセント型や3口タップ、アダプタ型、時計型、電卓型、
ペンタイプなど様々な形に偽装されたものが存在します。
その他にも、電化製品やコンセント、照明のスイッチなどに盗聴器や盗撮カメラを仕込まれているケースもあり、
「どれが盗聴器で、どれが盗撮カメラなのか?」見た目だけでは全く分からないのです。