ブログネタ
子育て に参加中!


いじめ・嫌がらせ調査

いじめ問題
 
お子様と会話はありますか?しっかりとコミュニケーションはとれていますか?
子供たちの態度・様子には自然とサインは出ているものです。
 
元気がなくなったり、ふさぎこんだ様子が多くなる。
学校に行く時間になると表情が暗くなる。
お金を欲しがるようになる。
服が破けていることがある。
背中などの見えないところに打撲痕がある。
鉛筆や消しゴムをよく無くすようになる。
学校の話をしなくなる。
家にあったゲームなどが無くなったりする。

これらに当てはまることが複数あると注意が必要です。

“いじめ”というのは大変難しく、デリケートな問題です。
しかし、絶対に放っておくことのできない重大なトラブルであることは間違いありません。
まず問われるのは事実関係であり、実際にいじめがあるという証拠です。
学校側の重い腰を上げさせるためにも、確たる証拠を確保しなくてはなりません。
私たちは長年にわたる調査実績をもとに、証拠収集には確かな自信を持っております。
問題解決に向かってお手伝いできることはたくさんあると思いますので、カウンセラーにご相談ください。
 
嫌がらせ問題

近年、近隣とのトラブルや嫌がらせなどの相談が急増しています。
最初は誰の嫌がらせか特定できなかったり、犯人がわかるが証拠がなかったり等で、
そのまま放置していると、嫌がらせが、より悪質にエスカレートしていき、
さらには取り返しのつかない大きな事件に発展する可能性があります。

 ●嫌がらせの決定的証拠を押さえます

近所付合いや職場などの人間関係のもつれから発展するケース
何かの誤解や全く身に覚えがないケース
知らず知らずのうちに相手が根に持ち、恨みに変わっていくケース

車にキズをつけられる。
近所に悪い噂を立てられる。
自宅敷地内にゴミなどを投げ込まれる。
自宅の塀にいたずら書きをされる。
自転車をパンクさせられる。
洗濯物を盗まれる。
誹謗中傷のビラが貼られていた。
ポストに怪奇文書が投函される。
 
公共機関に相談しても、実害が立証されなければ調査することが難しく、
多くの人が誰にも相談できずに一人で悩みを抱えていることがほとんどです。
解決策はその人によって異なりますが、ベテランの相談員がその人にあった解決方法を考え、
安心した生活を送れるようにお手伝い致します。